過去生退行に対する私見

退行催眠の中で、過去生退行というセラピーも行っておりますが、

私は、過去生の存在について、「あると信じたら人生観が変わるかも知れない」

とは思いますが、「過去生はあります」と断言することはできませんし、

過去生退行は過去生を証明するものではありません。

 

セラピーの中で、ほとんどの方が過去生(らしきイメージ)を思い出しますが、

だからと言って、過去生は存在するという証明にはならないからです。

 

「無意識が、本人が気づきを得るために必要な情報を、過去生のようなイメージで見せる」と解釈し、「過去生退行の手法を用いるとよくなっていく」、その事実に目を向けていきます。

 

大切なのは、過去生の自分が何者だったかではなく、

出てきたイメージやビジョンをどう読み解き、どう日常生活に活用するかということであり、

どう現実を生き抜くかということです。

 

スピリチュアルブームに流されて、現実離れしたのでは本末転倒です。

 

「過去生」「前世」などを前面に出しているセラピーやビジネスがありますが、

仮に過去生が存在するとしても、

今現在の人生で出会っている人との絆を深めることができなければ、

何の意味もなさないのではないでしょうか。

 

究極のスピリチュアルな生き方とは、地に足を着けて懸命に働き、

自分も人も大切にしていくことではないかと考えます