タオのスピリチュアルケア

大切な人を亡くす
大切なものを失う
離婚
中絶や流産、死産
病気…など、
人生には思いがけない出来事が起こります。

そんな時、「どうしてこんなことが自分に起こるのだろう」と自問し、
何度も何度も「どうして、どうして」と問いかけ、
時には、何か大きなものに向かって答えを乞うこともあります。

私たちの「無意識」には、
「叡智に満ちた自己」=「ガイド」が存在しており、
催眠状態では、この「ガイド」と対話することが可能になります。

 

スイスの精神科医・心理学者で、深層心理について研究し、分析心理学(通称・ユング心理学)の理論を創始したカール・グスタフ・ユングは、この存在を「セルフ」と呼びました。

 

ユングのガイドは老賢者の姿で現れることから、「フィレモン」と名付け、折々に示唆を得ていたということです。

 

また、催眠状態では、亡くなった人と対話することもできます。

自力ではどうにもできない悲しみや喪失感、頭では理解できない「どうして?」を「ガイド」にたずねてみませんか。

また、亡くなった人に伝えられなかった大切な思いを伝えてみませんか。

悲しんだままでも、失ったままでも、
それでも新しい一歩を踏み出す力を与えてくれると思います。

どうぞ、タオのスピリチュアルケアをご体験ください。